「1試合1試合がチャレンジ」木戸愛がメジャー前にタフなスケジュールを組んだ理由

「1試合1試合がチャレンジ」木戸愛がメジャー前にタフなスケジュールを組んだ理由

小樽→千葉→岐阜の強行日程もなんのその 木戸愛は笑顔で調整を行った(撮影:佐々木啓)

<ゴルフ5レディス 事前情報◇30日◇GOLF5カントリーみずなみコース(6,545ヤード・パー72)>

難コース・小樽カントリー倶楽部で行われた「ニトリレディス」に出場後、明けの27日(月)、28日(火)に行われた「日本女子オープン選手権」の最終予選に出場して見事トップ通過を果たした木戸愛。すぐさま岐阜に移動して30日(木)には翌日開幕の「ゴルフ5レディス」のプロアマ戦に出場した。まさに息もつかせぬ強行スケジュールである。


最終予選では出場権のかかるプレッシャーの多い中でのラウンド。そして現在はすでに約1791万円を獲得して賞金ランクは40位。さらに来週が国内メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」となると、今週はしっかりと体を休めて来週に備える、という選択肢もあったはずだ。だが、木戸は試合に出ることを選んだ。

「昨日、岐阜に入りました。私もタフだと思います(笑)」と笑顔をこぼすが、ちゃんとした理由があった。「ゴルフ5レディスにも出たかったんです。私にとっては1試合1試合がチャレンジ。それが自分のテーマというか、試合に出続けることで軸を作りたい」。そう考え、今年は雨が降ろうとも暑かろうとも全試合に出場してきた。

チャレンジという意味では、最終予選に出場して得たものは本戦への出場権だけじゃなかった。「QTや最終予選といったものに最近出場していなかったので、短期決戦というか1日で決まる重圧はありましたし、逆に引き締まるところがありました。そういう思いをできたことで、もう一度自分らしさを取り戻す、いいきっかけにもなりました」。通常のトーナメントとはまた違う雰囲気を経験したことも、成長へとつながっている。

そして、連戦しているからこそ身についてくるものがある。いかに今の自分のベストに持って行くか。「自分の体とゴルフのコンデションと上手く相談しながら最高のパフォーマンスに持って行く。今もゴルフの状態は悪くありません。暑さも考えながらしっかりと練習して、やり続けるだけです」。顔つきも引き締まり、連戦を経て一段とたくましくなった様子の木戸。明日からも、疲労が溜まる中での最善を尽くしていく。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>