T・ウィラチャンが12バーディの大爆発! 4打差2位に平石武則【コマツOP】

T・ウィラチャンが12バーディの大爆発! 4打差2位に平石武則【コマツOP】

タイのタワン・ウィラチャンが11アンダーと驚異のスタートを飾った(写真提供・日本プロゴルフ協会)

<コマツオープン 初日◇30日◇小松カントリークラブ(6,917ヤード・パー72)>

今季のシニアツアー10戦目「コマツオープン」が、石川県の小松CCを舞台に開幕。初日、タワン・ウィラチャン(タイ)が12バーディ・1ボギーの「61」(大会レコード)をマークするロケットスタートを飾った。


インから出たウィラチャンは6バーディ・1ボギーでハーフターン。アウトも6バーディ・ノーボギーと完璧なゴルフを見せた。1991年から昨年までのシニアツアー18ホール最小スコアは、2016年の「アルファクラブCUP シニアオープン」第2ラウンドでプラヤド・マークセン(タイ)がマークした「60」。それに続く歴代2位タイとなった。

「以前に62はあるけれど、61は初めて。今日はすべてがよかったけど、特にパッティングだね。これまでヨーロッパでプレーしていたけれど、ヨーロッパやアジアと比べて芝質が違うので、パッティングに苦しんでいた。明日からはゲームプランをしっかりしたい」(ウィラチャン)

7アンダーと決して悪いスコアではないものの、4打差で追う2位には平石武則。今季のシニアツアーで5勝と荒稼ぎ中のマークセンは、6アンダーの3位タイにつけている。

【初日・上位の順位】
1位:タワン・ウィラチャン(-11)
2位:平石武則(-7)
3位T:プラヤド・マークセン(-6)
3位T:金鍾徳(-6)
3位T:渡辺司(-6)
3位T:パク・ブーウォン(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>