上原彩子が15位Tの好発進、横峯さくらは3オーバー・124位Tで大きく出遅れ

上原彩子が15位Tの好発進、横峯さくらは3オーバー・124位Tで大きく出遅れ

15位タイとまず増すのスタートを切った上原(写真は全英リコー女子OP)(撮影:村上航)

<キャンビア・ポートランド・クラシック 初日◇30日◇コロンビア・エッジウォーターCC(6,476ヤード・パー72)>

米国女子ツアーの「キャンビア・ポートランド・クラシック」初日のプレーが終了。上原彩子が6バーディ・2ボギーの4アンダーでまわり、15位タイにつけた。


今季は序盤こそ好成績を納めていた上原だが、その後は思うような成績を残せていない。10アンダーで飛び出した首位のマリナ・アレックス(米国)とは差があるものの、2日目以降のチャージにつなげたい。

予選落ちが続いている横峯さくらは、2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの3オーバー。今週も124位タイと苦しいスタート。まずは予選通過に向けて挽回なるか。

首位のアレックスと2打差の8アンダー・2位タイに前週、地元カナダで優勝を飾ったブルック・ヘンダーソンと今季絶好調のミンジー・リー(オーストラリア)。7アンダーの4位にロビン・リー(米国)。全英リコー女子オープン優勝のジョージア・ホール(イングランド)ら3人が6アンダーの5位タイにつけている。

上原と同じ4アンダーにレクシー・トンプソン(米国)。ユ・ソヨン(韓国)は1アンダーの66位タイとやや出遅れている。なお、畑岡奈紗は出場していない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)