パク・ブーウォンがシニア初Vに王手 1差2位に川岸良兼【コマツOP】

パク・ブーウォンがシニア初Vに王手 1差2位に川岸良兼【コマツOP】

単独首位で最終日を迎えるパク・ブーウォン(写真提供・日本プロゴルフ協会)

<コマツオープン 2日目◇31日◇小松カントリークラブ(6,917ヤード・パー72)>

国内シニアツアー「コマツオープン」2日目の競技が終了し、パク・ブーウォン(韓国)がトータル11アンダー・単独首位に浮上。ツアー初優勝に王手をかけている。


アウトからスタートしたブーウォンは2番パー3でバーディを先行させると、前半だけで3アンダーをマークする。後半でも3バーディ・1ボギーと危なげないゴルフでこの日「67」。単独首位で最終日を迎えるのは自身初となる。

ホールアウト後は「去年は(プラヤド・)マークセンに負けて2位(すまいーだカップ・マークセンと首位タイで最終日同組)。あすは1打差のトップ。初めて(優勝)のチャンスだから、今日と同じ感じで、ゆっくりゆっくり自分のゴルフで」と、最終ラウンドを見据えた。

首位と1打差の2位タイに地元・石川県出身の川岸良兼とタワン・ウィラチャン(タイ)。ウィラチャンは初日に「61」のロケットスタート切ったが、この日は「73」と振るわず首位陥落となった。シニア賞金ランク1位を走るプラヤド・マークセン(タイ)はトータル8アンダー・5位タイとしている。

【2日目の結果】
1位:パク・ブーウォン(-11)
2位T:川岸良兼(-10)
2位T:タワン・ウィラチャン(-10)
4位:平石武則(-9)
5位T:プラヤド・マークセン(-8)
5位T:室田淳(-8)
5位T:渡辺司(-8)

<ゴルフ情報ALBA.Net>