新垣比菜が日本勢で唯一決勝ラウンドへ 韓国のアマが単独トップ【ハンファクラシック】

新垣比菜が日本勢で唯一決勝ラウンドへ 韓国のアマが単独トップ【ハンファクラシック】

日本勢4人中ただ1人予選を突破した新垣比菜(撮影:村上航)

<ハンファクラシック 2日目◇31日◇ジェイドパレス(6,757ヤード・パー72)>

8月30日(木)に4日間の日程で開幕した韓国女子メジャー「ハンファクラシック」の2日目が終了。アマチュアのイム・ヘジュンがスコアを5つ伸ばし、トータル9アンダーで単独首位に立っている。

今大会に招待・推薦選手として出場している日本勢4人の中では、トータル1アンダー・14位タイの新垣比菜が最上位。野村敏京、藤本麻子、宮里美香ら3人はいずれも下位に沈み、予選ラウンド突破はならなかった。


米ツアー通算5勝のジェシカ・コルダ(米国)は「69」とスコアを3つ伸ばし、トータル1アンダー、新垣と同じ14位タイに浮上。同じく米ツアーで活躍する妹のネリーは、トータル1オーバー・25位タイで3日目を迎える。

“セクシー・クイーン”ことアン・シネは「78」と急落し、トータル7オーバー・91位タイで予選落ち。日本ツアーで活躍するユン・チェヨンも「75」と振るわず、トータル4オーバー・63位タイで決勝進出を逃した。

「ラフから思った以上に出なかった」と藤本がいうように、難セッティング攻略のカギはフェアウェイキープが絶対条件となりそうだ。

大会は9月2日(日)まで4日間にわたり開催。賞金総額は14億韓国ウォン(約1億4000万円)、優勝賞金3億5000万韓国ウォン(約3500万円)となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>