新垣比菜が初の海外ツアーで大きな刺激「アメリカに行ってみたい」

新垣比菜が初の海外ツアーで大きな刺激「アメリカに行ってみたい」

14位タイで決勝ラウンドに進む新垣比菜(撮影:村上航)

<ハンファクラシック 2日目◇31日◇ジェイドパレス(6,757ヤード・パー72)>

韓国女子ツアーのメジャー大会「ハンファクラシック」の第2ラウンドが行われ、推薦で出場している新垣比菜は1バーディ・1ボギーの「72」でラウンド。トータル1アンダー。14位タイと、前日からの順位をキープし決勝ラウンドに進む。


10番からスタートした新垣は、前半を1ボギーで折り返すガマンのゴルフが続いたが、後半は1バーディとスタート時点の1アンダーに戻してホールアウト。「ショットはまあまあでした。短いバーディチャンスがあまりなかったです」としながらも、しっかりと上位追撃への希望をつないだ。

前日に続き米国ツアー5勝、世界ランク11位のジェシカ・コルダ(米国)と同組でそのパワーと技を見せつけられたが、「将来的にはアメリカには行ってみたいなとは思います」と、コルダを始め、海外勢から刺激を受けている。「韓国ツアーの選手も1人1人がうまくて、技術も高いのかなと思います」と、ますますのレベルアップの必要性を痛感している。

2週前の「CAT Ladies」2日目のスコア誤記による失格からも立ち直り、初出場となる海外ツアーで結果を出したいところ。首位とは8打差と開いたが、まだまだ上位進出が見える位置。唯一決勝ラウンドに残った日本勢として、最後まで気を吐いてほしい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)