星野陸也が今度こそ完全優勝に王手! 3日間首位キープで初の最終日・最終組へ

星野陸也が今度こそ完全優勝に王手! 3日間首位キープで初の最終日・最終組へ

186センチの長身は海外選手にも負けない!(撮影:鈴木祥)

<フジサンケイクラシック 3日目◇1日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

プロ転向から2年、星野陸也がようやくツアー初優勝に王手をかけた。予選2日間で単独首位を保ったまま迎えた決勝ラウンドは、8バーディ・3ボギーの「66」と、この日のベストスコアタイをマーク。トータル11アンダー、後続に5打差をつけて最終日を迎える。


予選2日間のドライビングディスタンスは平均336.25ヤード。今や星野といえばビッグドライブと、その飛距離はすでに代名詞となっている。この日もツアー最長の5番パー4(535ヤード)で、「ドライバーだと奥のラフにいってしまうので」と、3番ウッドに持ち替えるほど。3番ウッドでも300ヤード級の飛距離をたたき出すから驚きだ。

ドライバーだけでなくアイアンも1番手ぶん飛距離が伸びていて、最終18番では残り165ヤードをピッチングウェッジで打って約5メートルのバーディチャンス。これを沈めてガッツポーズで圧巻のラウンドを締めくくった。

3日間を終えて、ドライビングディスタンス4位(328.67ヤード)、パーオン率6位タイ(68.52%)と安定したショットを見せている。スイングで参考にしている選手を聞いてみると、「(ローリー・)マキロイの体の使い方とか、ダスティン・ジョンソンの(スイングの)タイミングとか、いろいろなPGAツアー選手のポイントを参考にしています」と、186cmのビッグな若手が参考にするのは海外の選手が基準だ。

自身初の最終日・最終組での戦いを前にしても、精神的にも堂々とした構え。「コースとしっかり向き合って、周りを気にせずにやりたい。難しいコースはやる気が出るので」とコメント。しかし、「自分のことで精いっぱいなので(笑)」と22歳の若者らしい笑顔も見せた。

4月の「パナソニックオープン」では、初日、2日目でトップに立ちながらも、決勝2日間で伸ばせず優勝はならず。「前も難しいコースで、変に攻めてマネジメントがうまくいかなかった。明日は今までの経験を生かしてプレーしたい」。同じ轍は踏まない。今度こそ、完全優勝が手の届くところに近づいた。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>