パク・ブーウォンがシニア初優勝 川岸良兼は2打及ばず【コマツOP】

パク・ブーウォンがシニア初優勝 川岸良兼は2打及ばず【コマツOP】

逃げ切りでツアー初優勝を飾ったパク・ブーウォン(写真提供・日本プロゴルフ協会)

<コマツオープン 最終日◇1日◇小松カントリークラブ(6,917ヤード・パー72)>

国内シニアツアー「コマツオープン」最終日の競技が終了し、2位と1打差の単独首位で出たパク・ブーウォン(韓国)が5バーディ・1ボギーの「68」をマーク。トータル15アンダーで逃げ切り、うれしいツアー初優勝を飾った。


ツアー初優勝を狙って1打差の2位からスタートした地元・石川県出身の川岸良兼は、7バーディ・2ボギー・1ダブルボギー「69」と3つ伸ばすも追撃及ばず。首位と2打差のトータル13アンダー・単独2位で3日間を終えた。

トータル12アンダー・3位タイに呂文徳(台湾)、タワン・ウィラチャン(タイ)。トータル11アンダー・単独5位に室田淳が入った。シニア賞金ランク1位を走るプラヤド・マークセン(タイ)はトータル9アンダー・6位タイだった。

【最終結果】
優勝:パク・ブーウォン(-15)
2位:川岸良兼(-13)
3位T:呂文徳(-12)
3位T:タワン・ウィラチャン(-12)
5位:室田淳(-11)
6位T:プラヤド・マークセン(-9)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)