【最終日展望】賞金ランク上位勢は鈴木愛との差を詰めるか はたまた黄金世代の悲願成就達成か

【最終日展望】賞金ランク上位勢は鈴木愛との差を詰めるか はたまた黄金世代の悲願成就達成か

小祝さくらは初優勝なるか(写真は2日目)(撮影:佐々木啓)

<ゴルフ5レディス 最終日◇2日◇GOLF5カントリーみずなみコース(6,545ヤード・パー72)>

初日に雷雲接近のためサスペンデッドとなり、波乱の幕開けとなった「ゴルフ5レディス」もいよいよ大詰め。残り18ホールで26試合目の優勝者が決まる。


単独首位に立っているのはトータル12アンダーまで伸ばしている申ジエ(韓国)。初日の「64」に続き、2日目も「68」と安定したラウンドを見せている。最終18番で1mのパーパットを外したが、「あそこは傾斜がすごい。これもゴルフです。悪い部分はすべて出たと思う」と泰然自若。現在賞金ランキングは5位。賞金レーストップを走る鈴木愛不在の大会で優勝し、少しでも詰め寄りたい。

1打差の2位につけているのは同ランキング3位の比嘉真美子。ジエとは対照的に第2ラウンドで「64」をたたきだし、一気に優勝戦線へと躍り出た。「久しぶりに最終日最終組でのラウンドですが、アンダーを出さないと優勝できないコース。今日よりも気持ちを高めて臨みたい」。こちらも鈴木とはまだ約2600万円も差があるだけに、差を縮めて秋の陣へと向かいたいところ。

李知姫(韓国)と並ぶ2打差の3位タイには黄金世代の小祝さくら。2日目はサスペンデッドとなり残っていた18番ホールでバーディを奪い、流れを作ると、続けて行われた第2ラウンドでも「68」とスコアを4つ伸ばして上位に食らいついた。「今週は周りの選手のスコアは見ずに自分の目標スコアに集中して頑張りたい。最低5アンダー。もっと行けそうなら途中で上方修正をする。それだけを考えてやりたい」と今季4度目の優勝争いでの悲願を目指す。

また、トータル9アンダーの5位にはこちらも初優勝を目指す安田彩乃。その他トータル7アンダーの7位タイには賞金ランク4位の成田美寿々、同じく黄金世代の河本結らがひしめき合っており、“簡単にはジエを逃がすまい”と上を狙っている。

カットラインはイーブンパーとツアーでもまれに見るバーディ合戦となっている戦い。ビッグスコアも期待できるコースなだけに、勝つためには足踏みなどしていられない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>