「67」の松山英樹は25位浮上 PO初戦制したB・デシャンボーが2位Tへ

「67」の松山英樹は25位浮上 PO初戦制したB・デシャンボーが2位Tへ

松山英樹が徐々に上位をうかがう位置へ上がってきた(写真は2日目)(撮影:GettyImages)

<デル・テクノロジーズ選手権 3日目◇2日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>

米国男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦「デル・テクノロジーズ選手権」3日目が行われた。この日「65」をマークし、トータル13アンダーまで伸ばしたエイブラハム・アンサー(メキシコ)がトップに浮上した。


1打差の2位タイにはプレーオフ初戦を制したブライソン・デシャンボー(米国)と、タイレル・ハットン(イングランド)が続く。2打差の4位タイにジャスティン・ローズ(イングランド)、キャメロン・スミス(オーストラリア)の2人がつけている。

34位タイからスタートした松山英樹は、1イーグル・6バーディ・4ボギーの「67」と伸ばし、トータル6アンダー・25位タイまで順位を上げている。

ジョーダン・スピース(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル9アンダー・8位タイ、タイガー・ウッズはブルックス・ケプカ(ともに米国)らと並ぶトータル7アンダー・16位タイで最終日を迎える。ダスティン・ジョンソン(米国)はトータル4アンダー・33位タイ。


<ゴルフ情報ALBA.Net>