「表情に出さないので…」婚約者で“美人キャディ”の菜々恵さんから見た今平周吾

「表情に出さないので…」婚約者で“美人キャディ”の菜々恵さんから見た今平周吾

今季初優勝を飾った今平周吾と若松菜々恵さん 未来ある若者2人の姿がまぶしい(撮影:佐々木啓)

<ブリヂストンオープン 最終日◇21日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7119ヤード・パー71)>

昨年の「関西オープン」で今平周吾のツアー初優勝を支え、“美人キャディ”として注目を集めた若松菜々恵さん。今年の5月には正式に婚約を発表し、全試合ではないものの、現地で今平の応援を続けてきた。キャディを務めていたときから付き合いは始まっていたが、婚約後、初の優勝に「心からうれしいです。最終戦まで1試合、1試合頑張ってほしいです」と、涙を流しながら、未来の夫の晴れ姿を喜んだ。


4日間、ロープの外から今平を応援。「ドキドキ、ハラハラでした。最後まで何が起こるか分からないので」と、接戦に肝を冷やしながら静かに見守った。「来ているときに優勝できて良かった」と今平がいえば、「これからもたくさん応援に来たいし、これからも支えたいです」と、若い二人の素直な感情が微笑ましい。

今平といえば無口で、派手なアクションもほとんどなければ、怒りをあらわにすることもない。「表情に出さないので、イライラしているときも分からない」と菜々恵さん。これに対しては「僕もイライラするし、怒りますよ(笑)」と今平。ところが、そんな今平の「クールに回っているところがカッコいいなと思います」と、今平の冷静な面が菜々恵さんのお気に入りとのこと。

「このまま突っ走ってもらいたいです。賞金王になってほしいです。今年の目標は2、3勝といっていて、まだまだ優勝できると思うので頑張ってほしい」と夫の活躍を一人のファンとしても期待する。これで賞金ランキングでも1位を守り、大台の1億円を突破。「式などはオフになったら考えます」という菜々恵さんの目には、稼ぎを増やした今日の今平の姿は大きく映ったことだろう。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)