粘りのゴルフで首位と1打差!岡野友和が逆転Vと日本プロ出場を目指す【PGAティーチングプロ選手権】

粘りのゴルフで首位と1打差!岡野友和が逆転Vと日本プロ出場を目指す【PGAティーチングプロ選手権】

ネット中継のインタビューに答える岡野友和。自慢の飛距離を封印し、我慢のゴルフで逆転Vに挑む(撮影:ALBA)

<第20回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ2018 初日◇25日◇南総カントリークラブ・東コース(6605ヤード・パー72)>

初日4バーディ・ノーボギーのステディなゴルフ。首位と1打差の単独2位で最終日に臨むのが岡野友和だ。


178センチ、96キロの恵まれた体格を生かし、300ヤードのビッグドライブが持ち味だが、

「練習ラウンドをした際、ピンポイントのティショットが要求されると思った。そのためドライバーを使わず、多少距離が残っても2打目を狙いやすいところに置く作戦だった」

と自慢の飛距離を封印。

「それと微妙なパーパットが入ってくれたし、大事なところでバーディパットが決まってくれた」

攻守の歯車がかみ合ったゴルフだった。

ふだんは東京のゴルフショップで店長を務める傍ら、店が休みの日は地元・茨城でジュニアを含むアマチュアへレッスン。生徒の技術力アップを願い、そのためには自らのレッスン技術の向上を図っている。

「今日のようなゴルフが最終日もできれば、上位に食い込めると思う。プレッシャーに負けないように、ゴルフを楽しみながら臨みたい。優勝者には日本プロゴルフ選手権出場の特典?はい、出てみたいです!」

晴れの舞台を目指し、逆転Vに挑む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)