台湾のシュ・ウェイリンが単独トップ浮上 上原彩子19位、畑岡奈紗45位

台湾のシュ・ウェイリンが単独トップ浮上 上原彩子19位、畑岡奈紗45位

地元・台湾のシュ・ウェイリンが単独トップに躍り出た(撮影:GettyImages)

<スインギング・スカーツLPGA台湾選手権 2日目◇26日◇ダーシーゴルフ&カントリークラブ(6425ヤード・パー72)>

米国女子ツアーのアジアシリーズ第3戦「スインギング・スカーツLPGA台湾選手権」2日目の競技が終了し、この日「67」をマークした地元台湾のシュ・ウェイリンがトータル9アンダー・単独首位に浮上している。


首位と1打差の2位にジョディ・エワート(イングランド)、2打差3位にリディア・コ(ニュージーランド)が続いた。

初日に3アンダーと好スタートを切った上原彩子は、この日「73」とスコアを落とし、トータル2アンダー・19位タイに後退。畑岡奈紗は1つ伸ばし、トータル2オーバー・45位タイ、横峯さくらがトータル3オーバー・52位タイだった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>