香妻琴乃、陣一朗、出水田大二郎の“仲良しトリオ”集結 姉から弟に贈られた言葉

香妻琴乃、陣一朗、出水田大二郎の“仲良しトリオ”集結 姉から弟に贈られた言葉

観戦に訪れた香妻琴乃をはさんで(撮影:ALBA)

<マイナビABCチャンピオンシップ 2日目◇26日◇ABCゴルフ倶楽部・兵庫県(7217ヤード・パー72)>

空き週を利用し男子ツアーの観戦に訪れている香妻琴乃。今大会の予選ラウンドは、弟の陣一朗、そして小中学校時代の同級生・出水田大二郎が同組でプレーしており、その組に18ホールついて両者に声援を送った。


この日はギャラリーとしてコースを回った香妻は、その感想を問われると「心配が大きかったです。ずっと集中して見ちゃいました」と、“身内”として見守る気持ちが先に出た様子。特に弟については「ショットがあまり良くないのかなという気持ちで見ていました」と、姉らしくハラハラしながらプレーを見届けたと話した。

しかし、そんな心配はどこ吹く風。陣一朗は6バーディ・1ボギーでトータル5アンダーの10位タイと大きく順位を上げた。さらに、前日2オーバー・67位タイと予選通過圏外にいた出水田も、5バーディ・2バーディと巻き返し、トータル1アンダー・36位タイで決勝ラウンドに進んだ。「予選落ちしていたら二度と来ていませんでした」という琴乃の不安を吹き飛ばす、2人そろってのナイスラウンドとなった。

「パットがよく入ってくれた」とこの日のラウンドを振り返った陣一朗は、現在男子ツアーの平均パット1位(1.7210回)を誇り、「今はグリーン上に不安はない」と語るパット巧者だ。「マンシングウェアレディース東海クラシック」でのツアー初優勝後、再びパットに悩みを抱えている姉にとっては、弟はもちろん、男子ツアーでのプレーを目の当たりにしたことで、「男子のパッティングのリズムが勉強になりました」と、大きな収穫も手にする一日となった。

また横峯さくらの父・良郎氏が鹿児島県内で開いたゴルフスクール「めだかクラブ」でともに腕を磨いた出水田のプレーについても、「しっかりと見たのは高校生以来。スイングも変わったし、飛距離もすごかったです」と、ツアーで揉まれて成長を遂げた幼なじみの“変貌”ぶりにも驚いた。

この日、香妻が応援に来ることを知っていた出水田は、「いっちょ見せたるかという気持ちでプレーしました(笑)。陣(陣一朗)もいい成績だったし、楽しくプレーできました」と、幼少時から知る顔に囲まれたラウンドを笑顔で振り返った。

「別に(姉が来たことで)意識はしなかった」と照れくさそうに答えた陣一朗は、出水田とのプレーで「最近はラウンド中、考え過ぎてしまっていた。でも今日は悪いことを考えなくてすんだ」とリラックスムードに。これが奏功し、予選落ちが続く状況からの脱出に成功した。

今季は出水田に続き、姉の琴乃もツアー初優勝。男子ツアーでも重永亜斗夢や、秋吉翔太といった九州勢がカップを掲げる大会が続いている。ここまでツアー未勝利の陣一朗は、この状況に「焦りは持っていないつもりだけど、周りが『次はお前が勝てよ』と言ってくるので、感じている部分はあるかもしれない」と本音を口にした。

そんな弟に対して、姉はこんな言葉を口にした。

「別に(優勝は)今じゃなくていいと思います。陣一朗には陣一朗のペースがある。自分も同級生がどんどん勝っていくなか、優勝できない時期が続いた。そのなかでもベストを尽くせば、きっといつか勝てる日がくると思う」

それは、期待されながら初優勝まで8年かかった自身の経験が反映された言葉だった。姉が優勝した際には、「うれしかった」と涙を流した弟・陣一朗。“仲良しトリオ”がコースに集結した一日は、そんな弟を思う姉の思いとともに締めくくられた。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)