チェ・ホソンの“クルリ一回転”にギャラリーが沸いた! 韓国のレジェンドも「また一緒に回りたいね」とプレーの虜に? 

チェ・ホソンの“クルリ一回転”にギャラリーが沸いた! 韓国のレジェンドも「また一緒に回りたいね」とプレーの虜に? 

比較的決まっているフィニッシュ(撮影:鈴木祥)

<マイナビABCチャンピオンシップ 3日目◇27日◇ABCゴルフ倶楽部・兵庫県(7217ヤード・パー72)>

トレードマークのオレンジ色のキャップが、この日は一段とコースに映えた。チェ・ホソン(韓国)が、7バーディ・1ボギーの「66」をマークし、トータル6アンダー・9位タイと大きく順位を上げた。


「風が読みにくかったけど、その中でも思い通りのプレーができた。パッティングもよくて、スコアを伸ばすことができた」とご満悦の様子でホールアウトしてきたホソン。どこにいても、すぐにギャラリーの目に飛び込んでくる存在感はもちろん、この日はプレーでも会場を沸かせた。

2つ伸ばして迎えた後半の11番グリーンで、速い下りのラインを読み切りバーディ。しかし直後の12番パー3で、ティショットがピンから27mの位置に落ち、3パットも考えられるピンチに陥った。しかし、これをファーストパットで3mに寄せると、きっちりとパーセーブ。「とても力になった」と、その後も3つスコアを伸ばした。

“代名詞”となった、飛ばしたいときに見せる通称・フィッシャーマンズスイングは、この日も観衆の拍手を誘発。さらに最終18番ホールで、残り4mのバーディパットを外した際、クルリと一回転したホソン流(?)の悔しさ表現など、その一挙手一投足が観客の笑顔につながった。

そのプレーを楽しんでいたのは同伴競技者も同じ。この日は同郷のY・E・ヤンと同組でラウンド。2009年の「全米プロゴルフ選手権」を制し、アジア勢で初のメジャータイトルを獲得した母国の英雄も、ホソンのプレースタイルについて「見ていて楽しかった」と話した。3戦前の「トップ杯東海クラシック」3日目でも一緒にラウンドしたが、「ショットもパットも素晴らしかったし、また一緒に回りたいね」と笑顔を見せた。

そのアクションが世界で話題になっているが、それは母国でも同様。「動画が広がって、韓国でもファンが増えたし、日本でもたくさんの人たちが応援してくれて力になる。これからも最善を尽くしたい」と人気沸騰の現状を肌で感じる毎日だ。

「オウエンヨロシクオネガイシマス!ガンバリマス!」

そういって力強いガッツポーズを見せたあと、ペコリと頭を下げたホソン。コースを明るく彩った男は、満面の笑みをたたえたままコースを後にした。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>