22位浮上の小平智 自身2度目のトップ10入りへ「かみ合えばもっといいスコアが出る」

22位浮上の小平智 自身2度目のトップ10入りへ「かみ合えばもっといいスコアが出る」

「70」をマークした小平智 最終日の猛チャージに期待がかかる(撮影:GettyImages)

<WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇27日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7261ヤード・パー72)>

ようやく持ち味発揮だ。自身2度目の出場となる小平智が3日目に5バーディ・3ボギーの「70」をマーク。スコアを2つ伸ばし、トータル1アンダー・22位タイに浮上した。


アウトコースから第1組でスタートとなった小平は、前半こそ2バーディ・3ボギーとスコアを落とすが、後半からギアチェンジ。出だし10番から連続バーディを奪うと、16番でも1つ伸ばしてフィニッシュとなり、今大会初のアンダーパーラウンドで上位進出に望みをつなげた。

この結果には「全体的に悪くない。かみ合えばもっといいスコアが出ると思う」とうなずく。初日に85.71%、2日目に71.43%を記録したフェアウェイキープ率は57.14%と落ち込んだものの、前日にわずか7ホールと振るわなかったパーオン数がこの日は12ホールと改善が見えた。

「あすはあまりボギーを打たないようにしていきたい」と最終日を見据える。攻撃的なゴルフが身上の小平だけに、この日の5バーディで勢いづくか。初優勝を果たした「RBCヘリテイジ」以来、自身2度目のトップ10入りに期待がかかる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>