「胸を張ってプロと言えない」“苦労人”木下裕太の11年間

「胸を張ってプロと言えない」“苦労人”木下裕太の11年間

木下裕太、ツアー初優勝おめでとう!(撮影:鈴木祥)

<マイナビABCチャンピオンシップ 最終日◇28日◇ABCゴルフ倶楽部・兵庫県(7217ヤード・パー72)>

川村昌弘とのプレーオフまで及ぶ激闘を制し、プロ11年目でツアー初優勝を飾った木下裕太。優勝が決まった瞬間、その場にしゃがみこみ男泣きした32歳のゴルフ人生は、決して順風満帆とはいえないものだった。


「いつゴルフをやめてもおかしくない状況だった」と試合後に話した木下。千葉・泉高在学時には「関東ジュニア」などで優勝。日大進学後には国体で団体優勝に貢献するなどアマで実績を積み、大学中退後の2007年にプロ転向を果たした。

だが、その後は長年下部のチャレンジツアー(現Abema TVツアー)を転戦。09年の「トーシンチャレンジ」でプロ初勝利をあげたものの、そこからはなかなか芽がでなかった。当時の心境を木下は「心が折れかけていた。『試合に出ても赤字か』とか考えたり。こんな後ろ向きの状態なら出ないほうがまし」と振り返る。プロゴルファーでありながら、稼げない現実。「胸を張ってプロと言えないのがつらい。赤字のくせに何がプロだって。仕事になっていない」。こんなことを6、7年考え続けた。

そんな木下の転機になったのが16年のQT(予選会)だった。それまでは受験しても「最終まで行っただけで満足していた」と、レギュラーツアー出場権の獲得には至らず。そこで「35位以内に入れなかったらゴルフをやめよう」と覚悟を決めた。そして18位で出場権を獲得。レギュラーに本格参戦を果たした17年シーズンは、シード権こそ逃したものの約929万円(賞金ランク83位)を稼いだ。暗かった道にようやく光が差した。

今年は下部ツアーにも5試合出場しながらレギュラーツアーも戦い、9月の「トップ杯東海クラシック」で6位タイに入った段階で念願のシード権を確実なものとした。そして勢いに乗って迎えた「マイナビABCチャンピオンシップ」を制し、初のレギュラーツアーでのタイトル獲得。仕事にならなかったゴルフを続け、やっとの思いで成し遂げた大仕事だった。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)