篠崎愛が単独首位発進 アン・シネ22位、藤田光里41位【セカンドQT・A地区初日】

篠崎愛が単独首位発進 アン・シネ22位、藤田光里41位【セカンドQT・A地区初日】

初日を1オーバーで滑り出したアン・シネ(写真はNOBUTA GROUP マスターズGCレディース)(撮影:村上航)

10月31日(水)、来季の国内女子ツアー出場権をかけたセカンドQTが開幕。A地区・烏山城カントリークラブ (栃木県)、B地区・こだまゴルフクラブ (埼玉県)、C地区・伊勢カントリークラブ (三重県)、D地区・ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ (福岡県)の4地区に分かれ、3日間の日程でサードQT進出を争う。


A地区の初日は、地元・栃木出身の篠崎愛が5アンダー・単独首位発進。2打差2位タイにはツアー通算2勝のイ・ナリ(韓国)、韓国の“ゴルフの女神”ことユ・ヒョンジュ、小滝水音、平井亜実。3打差6位タイにはルーキーの廣田真優、菅沼菜々ら4人が続いた。

ファーストQT・B地区でトップ通過のペ・ソンウ(韓国)は1アンダー・10位タイ発進。“セクシー・クイーン”ことアン・シネ(韓国)は1オーバー・22位タイで初日を滑り出した。

ツアー優勝経験者では、諸見里しのぶがイーブンパー・16位タイスタート。松森彩夏が妹・杏佳らと並び2オーバー・30位タイ、藤田光里は3オーバー・41位タイだった。

【初日の順位】
1位:篠崎愛(-5)
2位T:イ・ナリ(-3)
2位T:ユ・ヒョンジュ(-3)
2位T:小滝水音(-3)
2位T:平井亜実(-3)
6位T:廣田真優(-2)
6位T:菅沼菜々(-2)
6位T:河村来未(-2)
6位T:イ・ソンファ(-2)
10位T:ペ・ソンウ(-1)
10位T:小倉ひまわり(-1)
10位T:臼井麗香(-1)
10位T:植竹希望(-1)
10位T:飯田真梨(-1)
10位T:斉藤裕子(-1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>