海外勢2人が単独首位キープ ツアー7勝の今野康晴は32位浮上【男子サードQT 2日目】

<ジャパンゴルフツアー サードQT 2日目◇31日◇ホウライカントリー倶楽部(7,060ヤード・パー72)、太平洋クラブ益子PGAコース(6,984ヤード・パー71)>

全6会場で行われる国内男子ツアーの来季出場権をかけた「サードQT」。この日は栃木県の2会場で2日目の競技が行われた。

ホウライカントリー倶楽部では、バン・ドファン(韓国)がトータル3アンダー・単独首位をキープ。1打差2位にキム・チャンウ(韓国)、2打差3位タイには岩本高志、勝亦悠斗ら3人が続いた。

太平洋クラブ益子PGAコースでは、「66」をマークしたアンドルー・エバンス(オーストラリア)がトータル12アンダー・単独トップを堅守。2打差2位に阿久津未来也、3打差3位にツアー通算1勝の菊池純が続いている。

ツアー通算7勝の宮瀬博文はトータル6アンダー・15位タイ。同じくツアー7勝の今野康晴は「69」と2つ伸ばし、トータル2アンダー・32位タイに浮上している。

【ホウライCC 2日目の順位】
1位:バン・ドファン(-3)
2位:キム・チャンウ(-2)
3位T:岩本高志(-1)
3位T:勝亦悠斗(-1)
3位T:キムソンヒョン(-1)
6位T:河瀬賢史(E)
6位T:芳賀洋平(E)

【太平洋クラブ益子PGAコース 2日目の順位】
1位:アンドルー・エバンス(-12)
2位:阿久津未来也(-10)
3位:菊池純(-9)
4位T:アーノルド・スコット(-8)
4位T:ユン・セジュン(-8)
4位T:小山内護(-8)

<ゴルフ情報ALBA.Net>