田村尚之とマークセンがトータル5アンダー首位タイに並ぶ【富士フイルムシニア2日目】

<富士フイルム シニア チャンピオンシップ 2日目◇2日◇江戸崎カントリー倶楽部(6,991ヤード・パー71)>

国内シニアツアー「富士フイルム シニア チャンピオンシップ」2日目が終了。初日6アンダー・単独首位発進となった田村尚之は、1つスコアを落とし、トータル5アンダーでフィニッシュ。この日「65」と一気にスコアを伸ばした、プラヤド・マークセン(タイ)に並ばれたものの、首位を守った。

2打差のトータル3アンダー・3位タイには、久保勝美とバリー・レーン(イングランド)。トータル2アンダー・5位タイには、汪徳昌(台湾)、金鍾徳(韓国)がつけた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)