瀬田での激戦から一夜明け…茨城に世界トップ選手が集結! チョン・インジ、レクシー・トンプソンらの日本での楽しみは??

瀬田での激戦から一夜明け…茨城に世界トップ選手が集結! チョン・インジ、レクシー・トンプソンらの日本での楽しみは??

プロアマイベントに登場した“ダンボ”ことチョン・インジ(撮影:ALBA)

<第4回 ISPSハンダ・HANDA Watch World・カップ 初日◇5日◇豊里ゴルフクラブ・茨城県>

米国女子ツアーのトップ選手が集結した先週の「TOTOジャパンクラシック」。その興奮冷めやらぬ5日(月)、滋賀から茨城に会場を移し、再びワールドクラスの技が披露された。


国際スポーツ振興協会(ISPS)が主催するプロアマイベントに、同協会のアンバサダーを務めるプロ達が多数出場。ジャンボ・ジェット・ジョーの尾崎三兄弟や、酒井美紀ら国内プロのほか、米ツアーを主戦場にする選手達も会場を盛り上げた。

この日5アンダーをマークし、個人優勝を果たしたチョン・インジ(韓国)。先月の「LPGA KEBハナバンク選手権」で2年ぶりとなる米ツアー3勝目を挙げた愛称・ダンボは、「色々な人と会えて、楽しい一日にだった」とラウンド後、満面の笑みを浮かべた。チャリティの側面も持つ今イベント。自身も教育基金などチャリティに積極的に取り組んでおり、「私はゴルフを通じていいチャレンジを続けている。それを多くの人に伝えたい」と、自身の役割についての自負を口にした。

「TOTOジャパン−」で19位タイに入ったレクシー・トンプソン(米国)も、ラウンドを終え充実の表情。「日本に来ると、いつも温かいサポートをしてもらえて感謝している」と“日本愛”を口にした。今回の来日では、日程の都合で観光ができていないことを残念がったが、「毎回美味しい食べ物が楽しみです」と、食に関する楽しみは満たして帰国するつもりだ。

日本食を楽しみにしているのは、どの選手も同様なようで、なかでも人気を集めたのが『しゃぶしゃぶ』。レクシーも好物と答えた日本食だが、リディア・コ(ニュージーランド)は特に興奮した様子。好きな日本食を聞かれ真っ先に「しゃぶしゃぶ」と答えると、たくさん食べるジェスチャーをした後日本語で「ダイスキデス!」。また、お好み焼きも2回食べたと、ジャパニーズフードを満喫している。

ちなみに先週2日目にトップに立ったミンジー・リー(オーストラリア)の好物は「麺類」、米ツアー1勝のチャーリー・ハル(イングランド)は「ビーフカレー」なんだとか。それぞれが、パワーフードを食べて日本での試合に臨んでいたようだ。

世界トップの女子選手を目の当たりにし、“ジョー”こと尾崎直道は「レクシーのドライバーやチョン・インジのキレイなゴルフをじっくり見たいね」とコメント。「強引さで売ってる尾崎家とは大違いだな」と言って笑いを誘ったが、ツアー32勝を誇る日本のレジェンド級の選手にとっても大きな刺激に。また明日も茨城でトップレベルのプレーが披露される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>