<速報>御殿場決戦は54ホール短縮 3日目は2R残りのみ、松山英樹は首位と9打差

<速報>御殿場決戦は54ホール短縮 3日目は2R残りのみ、松山英樹は首位と9打差

濃霧の影響によりスタート時間変更 54ホールの短縮競技へ(撮影:佐々木啓)

<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇10日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)>

松山英樹の1年ぶり出場で盛り上がる「三井住友VISA太平洋マスターズ」は、順延となっていた第2ラウンドの残りを9時から再開するが、第3ラウンドは日曜日に行われ、競技は54ホールの短縮となることが発表された。


早朝から霧がコースを覆い、第2ラウンドの再開は1時間遅れ。日照時間の影響を考えると、この日の第3ラウンド消化も厳しく、あすまでの72ホール消化を断念した。

松山英樹は第2ラウンドのバックナインを残し、首位と9打差。3度目の優勝に向けて厳しい状況となった。

先週の「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」に続き2週連続で54ホール短縮競技。賞金ランキングへの加算も75パーセントとなり、賞金王レース、シード権争いへの影響も出てきそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>