松田鈴英、永井花奈の若き力は優勝に及ばず… 同学年の2人が残した鮮烈な印象

松田鈴英、永井花奈の若き力は優勝に及ばず… 同学年の2人が残した鮮烈な印象

自身初タイトルを狙った松田鈴英(撮影:米山聡明)

<伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇11日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

自身初の単独首位で最終日を迎えた松田鈴英と、2打差の3位からスタートした永井花奈。ともに最終組で回った2人の若い力だったが、最後に力尽きた。


ツアー初優勝を目指し逃げ切りを図った松田は、序盤からショットが安定せず。2番パー3でティショットをグリーン右のラフに外すと、寄らず入らずのボギー。ここからバタバタと3、4番でもスコアを落とした。「単独首位は初めてだったので、少し緊張はありました…」と力なく語った松田。続く5番パー5では、持ち前の飛距離を生かし、2オン2パットのバーディを奪い、6番でもスコアを伸ばしたが、前日までの勢いを取り戻すことはできなかった。

3週前の「マスターズGCレディース」では、優勝争いを繰り広げながら終盤の失速に涙した。その時よりも緊張した、と口にはしたが、3連続ボギーを喫した後も「全然諦めていなかった」と気持ちを切らさずにプレー。18番のダブルボギーは、果敢にピンを狙い、その結果池に入れてしまったもの。最後まで戦う姿勢を見せ続けた。「悔しいけど仕方ない。あとは気持ちだけ」と、メンタル面が優勝へのラストピースとなる。

一方、2勝目を狙いスタートした永井は、「後半は100点のゴルフでした」と満足感も口に。5番ではティショットがOBとなりダブルボギーを喫したが、ここから「全部バーディを獲る」と気持ちを切り替えた。すると、後半に入り怒涛の5バーディを奪うなどハーフ「31」をマーク。一度は退いた優勝争いに再び顔を出し、同組で回った優勝者・黄アルム(韓国)に最後までプレッシャーをかけ続けた。

「優勝争いをすると、やる気がですぎて、空回りしていることに気が付きました。次に同じような状況になったら、落ち着いてプレーしてみようと思います」。この経験は今後の大きな糧となる。

年齢は松田が20歳で永井が21歳だが、学年は同じ2人。優勝には及ばなかったものの、今後の女子ツアーを支える若きホープたちが鮮烈な印象を残す大会となった。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)