【勝者のギア】黄アルム、充実のオノフは不変で今季3勝「操りやすさ重視なので」

【勝者のギア】黄アルム、充実のオノフは不変で今季3勝「操りやすさ重視なので」

オノフを愛用する黄アルム 不変のセッティングで今季3勝目をつかんだ(撮影:岩本芳弘)

<伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇11日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

1打差の2位からスタートした黄アルム(韓国)が、トータル13アンダーまでスコアを伸ばし、今季3勝目(自身通算4勝目)。終始安定して見えたが、内心は緊張との戦いで「今週は少しも優勝できる自信はなかった」。最終日は他選手の追走や失速などで、激しく順位が入れ替わる“荒れた1日”。そんな中でも、「1打1打に集中して」と目の前のプレーに神経を研ぎ澄ませた。


2つ伸ばして迎えた16番パー4でも「ここまできて緊張しても仕方ない」と、残り157ヤードの2打目をきっちり3.5mにつけてバーディ。そして17、18番は同大会名物の2打目で左に池が待ち構える重圧のかかるホール(ピンも左サイド)。ここでも安全策で大きく右に逃げるわけでもなく、しっかりセンターより内側に打ち、隙を見せなかった。

「勝因をひとつあげるとすれば平常心を保てたこと。以前は完璧ばかりを求めすぎて逆に悪い方向へ行った。ゴルフは80%がメンタル。技術が10〜20%と言いますが、その意味がようやく今年わかりました」。後半5バーディを奪った同組の永井花奈、「68」のアン・ソンジュ(韓国)、「64」の小滝水音らの猛追をかわして今季3勝を挙げるだけあり、技術、クラブ、メンタルすべてに充実を見せた。

グローブライドとは契約しているわけではなく、ドライバーは3年前、フルセットは2年前から支給を受ける。そして、シャフトはずっとフジクラ製を愛用しており、「私は元々球が高いので、高さを抑えようと努力中で、シャフトも曲がらないものですね」。グローブライドのツアー担当者も9年ぶりの2勝目からの今季3勝に目を細めていた。

「アルム選手が求めるものは“コントロール性能”。とにかく操りやすさ重視なため、クラブ変更はあまりせず、今季もシーズン中のテストはしても、結局ここまで替えることはありませんでした。オフに改めてセッティングを見直す意向で、ドライバーには鉛が貼ってありますが、気に入ったクラブをその時の状態に合わせてカスタムし、長く使うタイプです」(グローブライドツアー担当)

【黄アルムのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:グローブライド オノフ ドライバー クロ
(10°スピーダーエボリューションIV 569 / SR / 45.5インチ)
3,5W:グローブライド オノフ フェアウェイアームズ クロ(15,18°)
3U:グローブライド オノフ フェアウェイウィングス クロ(21°)
5I〜PW:グローブライド オノフ フォージド
AW:グローブライド オノフ フォージド(48°)
A,SW:タイトリスト ボーケイフォージド(52,58°)
PT:オデッセイ オーワークス #1WCS
BALL:タイトリスト プロV1

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)