<速報>松山英樹、初日1オーバー発進 石川遼は後半崩れ下位に沈む

<速報>松山英樹、初日1オーバー発進 石川遼は後半崩れ下位に沈む

ともにオーバーパー発進となった松山英樹(左)と石川遼(撮影:村上航)

<ダンロップフェニックストーナメント 初日◇15日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の初日。2015年大会覇者の松山英樹は、この日4バーディ・3ボギー・1ダブルボギー「72」でラウンドし、1オーバー・54位タイで滑り出している。


インコースからスタートした松山は、12番をボギー、13番をバーディとして迎えた14番パー4。ここで同組の星野陸也とお互いのボールを誤って打つというアクシデントが発生し、2罰打が科されてダブルボギーを喫する。2オーバーから巻き返しを図った後半は1アンダーと盛り返し、1オーバーで初日を終えている。

現在、4アンダー・首位タイに稲森佑貴、小田孔明、比嘉一貴、ともに米ツアーからの招待選手、エミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)とアンドリュー・パットナム(米国)が並走。1打差6位タイに藤田寛之ら8人が続いている。

松山と同組で回った石川遼は1アンダーで前半を折り返すも、後半で3オーバーとブレーキ。2オーバー・68位タイと出遅れている。

大会3連覇を狙う世界ランク1位、ブルックス・ケプカ(米国)は17ホールを消化して2アンダー・14位タイ。今季7試合目となるジャンボこと尾崎将司は、15ホール消化時点で6オーバー・83位タイに沈んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>