星野陸也は「メジャー選手に申し訳ない」 確認不足が招いた同時発生の誤球

星野陸也は「メジャー選手に申し訳ない」 確認不足が招いた同時発生の誤球

誤球で2罰打を受けた星野陸也 あらゆる意味で“勉強”の一日だった(撮影:鈴木祥)

<ダンロップフェニックストーナメント 初日◇15日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)>

松山英樹の参戦で沸いている「ダンロップフェニックス」初日。10番からスタートした松山、石川遼、星野陸也の組が14番パー4に到達したとき、珍しい事件が起きた。ティショットを同じ左ラフに打ち込んだ松山と星野は、互いのボールを確認不足で誤って打ってしまい、ともに2罰打。ダブルボギーとなるハプニングがあった。


実際には星野の球が松山の球より5ヤードほど手前だったが、松山がこの球を自分のものと勘違い。「不注意でした」と、先に打ってしまった。続いて実際には松山の球を今度は星野が打って、ピン左にオン。ところが、ボールが違うことに気づいた2人は、セカンド地点に戻り、やり直しをするはめになった。

この日2人が使っていたボールは同メーカー、同ブランド、同モデル。さらに互いに黒い線を入れているが、これも似たものだったという。違っていたのは番号で松山は3番、星野は2番。これだけ酷似している状況の中で、「自分が先に見ていれば良かったですが、確認不足でした。メジャー選手に、逆に申し訳ないです」と星野も反省しきりだ。ちなみに、このまま気づかずにこのホールを終了していれば失格となっていただけに、不幸中の幸いだったということか。

松山も星野に対して謝罪しているが、ゴルフというスポーツの特性上、責任は我にあり。確認不足に対して星野は、「自分のボールだと(思い込んだ)。全然確認ができていなかった。しっかりと1つ1つをチェックしながら、油断をしないように」と、あらためて気を引き締めた。

その後は動揺もあったという星野。「めちゃめちゃ申し訳ない気持ちでしたが、そこから打たずに済んだので、そこは良かったのかなと思います」と、後半のOUTコースでは最終ホールをボギーとしたものの、7番パー5ではイーグルを奪うなど懸命のプレーを続けた。

楽しみにしていた松山とのラウンドは、思いがけないアクシデントによりやや後味の悪いものになってしまったが、「松山さんはしっかりと振っている。すごく勉強になりました。短いショットでも緩まない」と、収穫もあった。誤球の件も、今後繰り返さないための「1つの経験でした」と、落ち込む暇はないとばかりに、同じ1オーバー・56位タイから上位陣を追撃する。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>