まさかの誤球から一夜明け 松山英樹&石川遼の反撃が始まる?【2日目展望】

まさかの誤球から一夜明け 松山英樹&石川遼の反撃が始まる?【2日目展望】

この日も多くの観客に囲まれてのスタート(撮影:村上航)

<ダンロップフェニックストーナメント 2日目◇16日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)>

松山英樹と石川遼が同組で話題を集める「ダンロップフェニックス」だが、初日は松山と星野陸也がそれぞれの球を打ってしまう事態が発生。ともに1オーバー・56位と出遅れた。同組の石川遼も2オーバーの68位と大きく出遅れ。人気グループが2日目に浮上を目指す。


松山と星野は互いに「申し訳ない」と深く反省。ゴルフは自分自身が審判のスポーツ。責任は自分にあるものの、やはり2人の動揺を感じてしまうラウンドから一夜明け、一体どんな姿を見せるのか。

石川は悩んでいたドライバーが好調。「ゴルフ全体としてはまだまだだけど、ドライバーは結構いい感じ」と明るい表情を見せた。ところが得意のパッティングが決まらずこのスコア。8年間愛用するエースパターがこの日は石川を援護するかどうかも見物だ。

5アンダーの単独首位には小田孔明。「林ばっかり。面白くない(笑)」としたものの、7バーディ・2ボギーで今季初のトップ発進。2014年の賞金王も優勝から4年遠ざかっているだけに、2日目もバーディ量産で優勝を近づけたい。

4アンダーの2位タイには8人が並ぶ大混戦。2アンダーの18位タイに世界一のブルックス・ケプカ(米国)もつけており、予選ラウンド第2幕も熱い戦いとなりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>