堀琴音は予選突破が厳しい位置でホールアウト…シード陥落濃厚に

堀琴音は予選突破が厳しい位置でホールアウト…シード陥落濃厚に

シード陥落が濃厚となった堀琴音(撮影:佐々木啓)

<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」2日目。今大会開幕前の賞金ランクが113位(3,053,000円)で、シード獲得条件が優勝のみであった堀琴音は、トータル4オーバーでホールアウト。予選通過が厳しい状況となり、シード陥落が濃厚となった。


堀はホールアウト後に「QTへの不安はありますが、気合いでいくしかない。いまからすごく上手くなるわけでも、すごく調子が上がるわけでもない。ただ前半に比べれば“QTでは大丈夫”というところまで持ってこられた。今日もアイアンの嫌なミスは2回だけだった。正直気合いでいくのみ。底力を出したい。QTは精神的につらいものでどれだけ冷静にできるかが勝負。でも、いまのゴルフをしていれば大丈夫だと思う」と語った。

★堀琴音プロフィール/1996年3月3日生まれ、徳島県徳島市出身。163センチ、53キロ。滝川第二高校卒業後の2014年に、1984年以来30年ぶりとなるアマチュアとして出場3試合連続ベスト10フィニッシュを記録。同年はプロテスト合格前に、アマチュアとしてステップ・アップ・ツアー「ABCレディース」で優勝。ルーキーイヤーの2015年に賞金ランク33位でレギュラーツアーシードを獲得。ツアー未勝利だが、2016年賞金ランク11位、2017年賞金ランク21位でシードを守った。ツアー通算2勝の堀奈津佳は実姉。

<ゴルフ情報ALBA.Net>