<中間速報>有村智恵が首位独走 18歳アマ・上野菜々子が5連続バーディで浮上

<中間速報>有村智恵が首位独走 18歳アマ・上野菜々子が5連続バーディで浮上

首位を独走している有村智恵(撮影:佐々木啓)

<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山・愛媛県(6525ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の2日目。全選手のハーフターン時点で、7アンダー・単独トップから出た有村智恵がスコアを5つ伸ばし、2位に4打差をつけてトップを快走している。


4打差2位タイには前半の5連続バーディで急浮上したアマチュア・上野菜々子(東海大学附属仰星高3年)と権藤可恋。5打差4位タイに松田鈴英、新垣比菜、比嘉真美子、永峰咲希、キム・ヘリム(韓国)が続いている。

逆転賞金女王を狙う昨年覇者・申ジエ(韓国)は、トータル5アンダー・15位タイの好位置で後半へ。今大会で単独6位以上に入れば女王戴冠が決まるアン・ソンジュ(韓国)、2015年大会覇者のイ・ボミ(韓国)はトータル1アンダー・52位タイで前半を折り返している。

賞金ランク51位とシード落ちの危機にある笠りつ子は、16ホール消化時点でトータル2アンダー・41位タイ。同じく賞金ランク49位と当落線上にいる藤田さいきは、トータル1アンダー・52位タイで後半をプレーしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>