原江里菜は開口一番「嫌だ…」 来季の出場権獲得ならず目を潤ませる

原江里菜は開口一番「嫌だ…」 来季の出場権獲得ならず目を潤ませる

予選落ちを喫した原江里菜 QT行きが決定した(撮影:佐々木啓)

<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)>

初日に3アンダー・8位タイの好スタートを切るも、2日目に「74」をたたいてまさかの予選落ちとなった原江里菜。行われた囲み取材では思わず自分から口を開いた。「嫌だ…」。昨年喪失したシード復帰とならず、来季の出場権をかけたQTにいくことが決まり肩を落とした。


続けて「今日は調子が良かった。パターがあまり入っていなかったですが、自分が打てなかったわけではなくて、ただ入らなかった。なので、QTに向けて手応えは多少ある」と話した後、「…くらいしか言えないです…」と自分で区切った。

改めて質問が飛ぶと「今日はあまり緊張していなかった。逆にちょっと引き締めないと、くらいな感じ。1番の3パットと池(に入れた)以外はいいプレーができた」と、平常心でプレーはできただけに消化できない。「それだけに…ちょっと悔しいですけど…昨日より今日のほうが良かったので、悔しかった…」。そう言った後、込み上げてきたものが両目からあふれ出た。

原は現在賞金ランク57位。このまま今大会終了時も60位以内であればファイナルQTから出場できるが、60位を下回ると来週20日(火)から始まるサードからの出場となる。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>