賞金シードに逆転の目を残した選手と喪失・復帰失敗に終わった選手の声 喪失の永野竜太郎は「全てを悲観はしていません」

賞金シードに逆転の目を残した選手と喪失・復帰失敗に終わった選手の声 喪失の永野竜太郎は「全てを悲観はしていません」

予選カットとなった永野竜太郎 シード圏内浮上には失敗したが前を向いた(撮影:ALBA)

<カシオワールドオープン 2日目◇23日◇Kochi黒潮カントリークラブ・高知県(7335ヤード・パー72)>

「カシオワールドオープン」の予選ラウンドが終了。この日のホールアウト後には、来季のシード権獲得に望みをつないだ選手がホッとした表情を見せる一方で、決勝ラウンドに進めず圏内浮上に失敗した選手の姿も多く目にする一日となった。賞金シードに逆転の目を残した選手と、喪失・復帰失敗に終わった選手が、口々に心境を語った。


■北村晃一(賞金ランク79位、トータル4アンダー・9位タイ)
「ダボ以外は上出来。ゴルフ自体の調子は良くも悪くもないけれど、それ以上にシードが危ないという気持ちが入っている。先週決められれば良かったが、今週に関しては来週のQTを見据えながらプレーしている面が8割方ある。来週通ればシードとあまり変わりないし、良い感じでゴルフに集中できている。明日、明後日に向けて望みがあるので、自分に期待したい」
※65位までの差は約470万円、単独11位以上なら逆転

■古田幸希(賞金ランク81位、トータル3アンダー・14位タイ)
「風邪で体調が悪いけど、サードQTに落ちてしまって、もう後がない状況。やるしかないというただの根性ですね。QT中にドライバーが割れるハプニングもあったので、だましだまし、今日はパターで勝負した。シードを取れるように頑張りたいけれど、最悪、ファイナルQTでもう一回頑張ればいい話なので、後はやるだけ」
※65位までの差は約500万円、単独10位以上なら逆転

■近藤智弘(賞金ランク65位、トータル2アンダー・21位タイ)
「このコンディションの中ではよかったと思う。シードはまだ全然確実ではない。何が起こるか分からないし、自分の中ではいいゴルフをしたいというところに目標を置いている。周りを全く気にしないのは無理だけど、満足のいくプレーをしたい。厳しい位置で1カ月以上やっているので気にはなるけど、それではいいプレーにならないし、何のためにゴルフをやっているのか分からなくなってしまう。プレッシャーの中でも、今日のようにいいスコアで回れているのもあるので、あと2日間集中していいプレーをしたい」

■高橋賢(賞金ランク95位、トータル2オーバー・55位タイ)
「今日は苦しかった。朝からショットが良くなくて、それがコースに出てもずっと続いてしまった。風も強く吹いていて難しかったし、攻めきることができなかった」
※65位までの差は約830万円、単独4位以上なら逆転

―以上、予選通過―

■松村道央(賞金ランク87位、トータル4オーバー・68位タイ)
「今シーズンは全然ダメ。手応えがつかめそうな瞬間はあったけれど、ずっとイマイチというのが続いている1年だった。来週は茨城県(ファイナルQTに)に行ってきます。“1”ではなくて“0”からのやり直しという気持ちで臨む。来週までの調整はなかなか厳しいので、年をまたいだときにリセットしたいと思う」

■手嶋多一(賞金ランク88位、トータル4オーバー・68位タイ)
「うまく行かない一年だった。最後の3試合ももったいなかったけど、前半戦で稼げなかったのが良くない。体力的なものを感じたので、このオフはその強化を考えながら過ごしていきたい。シードは50歳まできているし充分です。また来年も出させていただける(14年日本プロ優勝のシード5年)ということで頑張りたい。今日プレーしていて、雑になったなと感じた。昔はもっと丁寧にやっていたので、そういう原点に戻ってプレーしたい」

■薗田峻輔(賞金ランク120位、トータル5オーバー・79位タイ)
「ショットは5オーバーとは思えないくらい良かったけど、グリーン上で苦戦した。QTに向けての気持ちは良い意味で何もない。1位なら来年一年間の出場権もあるし、ワンチャンスあると思っている。今週良かったものは継続して、悪いところは捨てて。申し訳ないけど、悪かったのはコースのせいにして切り替えて行きたい。前向きですよ」

■永野竜太郎(賞金ランク82位、トータル5オーバー・79位タイ)
「1年間上手くいかず、やりきった感が全然ないシーズンだった。求めるものが高すぎたのが悪かったのかもしれないが、それが自分のゴルフスタイル。下げるつもりはなかった。本当にひどい、という感じではない。アンラッキーやちょっとしたミスを立て直せなかった。前よりも良い球を打てたところもあったし、全てを悲観はしていない」

■宮本勝昌(賞金ランク71位、トータル6オーバー・86位タイ)
「残念ですね…。(来季については)今はまだ終わったばかりなので、特に決まっていない。(どこが今季のターニングポイントだった?という質問に)それが分かれば、もっと対処できたと思いますが…」

■山下和宏(賞金ランク94位、トータル6オーバー・86位タイ)
「残念ですけどしかたがない。ショートゲームというか、持ち味であったところが良くなくてバーディが減って、それで1年が過ぎていった。今日のトリプルボギーはティショットが左のバンカーに突き刺さって出すだけとなって、気落ちして打った次の球がOB。そこ以外でも朝一チャンスにつけられず3パットをしたり、今年の悪かった部分が出たような一日だった。QTは2006年以来だから、12年ぶり」

■小林正則(賞金ランク77位、トータル8オーバー・96位タイ)
「最後の方は今を象徴するようなゴルフでしたね…。(賞金シードへのこだわりは)常に持っていました…。日本オープンを勝った翌年から賞金シードを落として、恥ずかしいなと思っていた。自分のゴルフが戻ってこない歯がゆさが残り、1歩進んで1.5歩下がっている。結局終わって何歩下がっているんだろうと。QTには行くつもり。来週行く予定なので、終わったら少し休みたい。疲れました…」

■深堀圭一郎(賞金ランク89位、トータル9オーバー・99位タイ)
「ケガもしてしまったなかで、なにかできればと思ってやってきたけど、シーズンもこれで終わり。レギュラーでシードを取ることができればと思っていたが、これで来年はシニアをメインでやる。QTは去年で最後。推薦でレギュラーに出つつ、シニアで頑張っていく」

<ゴルフ情報ALBA.Net>