菊地絵理香が悩んだすえに出した答えは?「優勝をしていないので…」【最終戦出場者が選ぶ“今年の一打”】

菊地絵理香が悩んだすえに出した答えは?「優勝をしていないので…」【最終戦出場者が選ぶ“今年の一打”】

今季は惜敗が目立った菊地絵理香 「優勝をしていないので…」(写真はフジサンケイレディス)(撮影:佐々木啓)

国内女子シーズンの今季最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は現在最終日の熱戦が続いている。今シーズン優勝者、賞金ランク25位以上といった精鋭のみが出場できる今大会。狭き門をくぐった選手たちに“今シーズン一番印象に残っている一打”を挙げてもらった。今回は、ここまで優勝こそないものの安定した戦いで賞金ランク7位で大会に臨んだ菊地絵理香。


トップ10入りは11度。「ヤマハレディースオープン葛城」単独2位や、プレーオフで敗れた「フジサンケイレディスクラシック」、国内ツアー選手最高位となる3位に入った「日本女子オープン」など、好調なシーズンを送った菊地。そんな彼女に印象に残った一打を聞いてみた。すると少し悩んだ後に…。

「優勝をしていないので…ないですね」

“ピシャリ”とそう答えた。2015年の「KKT杯バンテリンレディスオープン」でツアー初優勝を挙げてから、毎年1勝ずつ積み重ねきた。しかし今季は0勝。約8827万円を稼ぎキャリアハイをマークした15年に次ぐ約7463万円を今大会までに手にしているが、やはり優勝がないのは引っかかっている。

前述した日本女子オープンでは優勝したユ・ソヨン(韓国)とともに最終日最終組でラウンド。その時には「あんなに安定したゴルフをする選手を見たことがない」と世界レベルを痛感した。さらなるレベルアップを誓っただけに、決して現状に満足していない。

「優勝した大会での一打が、印象に残るものであって欲しいですね」。そう言ってニッコリと笑った。

【菊地絵理香・2018年の主な成績】
「ヤマハレディースオープン葛城」2位
「フジサンケイレディスクラシック」2位※プレーオフ
「ほけんの窓口レディース」2位T
「日本女子オープン」3位

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)