<速報>松山英樹は3アンダーでホールアウト 首位と4打差

<速報>松山英樹は3アンダーでホールアウト 首位と4打差

松山英樹は後半に池ポチャもあったがまずまずのスタートを切った(撮影:GettyImages)

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇31日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)・7261ヤード・パー71>

米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」初日の競技が行われ、2016、17年に大会連覇を果たしている松山英樹がホールアウト。4バーディ・1ボギーの「68」で回り、3アンダー・26位タイでラウンドを終えた。


午後組のアウト(1番)からティオフした松山は、2オンに成功した3番パー5でバーディを奪取。6番、8番でも1つずつスコアを伸ばすなど上々の滑り出しを見せた。バックナインに入るとスコアを伸ばしあぐね、15番パー5ではセカンドショットをグリーン手前の池に落としボギー。しかし17番でバーディを奪い返し、首位とは4打差とまずまずのスタートを切った。

また午前組でプレーした小平智は3バーディ・3ボギーの「71」でホールアウト。イーブンパー・72位タイとなっている。

現時点のトップは7アンダーのジャスティン・トーマス、リッキー・ファウラー、ハロルド・バーナーIII(いずれも米国)。1打差の4位にマーティン・レアード(スコットランド)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>