“東建前哨戦”千葉オープンに丸山茂樹、石川遼、日本OP覇者らが参戦

“東建前哨戦”千葉オープンに丸山茂樹、石川遼、日本OP覇者らが参戦

今年も石川遼が千葉オープンに参戦!(写真は昨年撮影)(撮影:福田文平)

国内男子ツアー国内戦の開幕を前に、4月10日からの2日間で地区大会の「千葉オープン」が行われる。大会公式サイトでは、出場予定選手が発表された。


昨年大会覇者の石川遼をはじめ、昨季2勝の市原弘大、秋吉翔太、「日本オープン」で初Vを飾った稲森佑貴など、2018年に男子ツアーで優勝を挙げたシード選手が多数参戦する。

加えて、片山晋呉、藤田寛之、深堀圭一郎といったベテラン勢に加えて、今年の9月に50歳を迎える丸山茂樹も参戦。左手親指の亜脱臼から17年には手術を行い試合から遠ざかっていたが、久々に実戦に登場する。

賞金総額は1200万円(優勝賞金300万円)となっており、予選、決勝が1日ずつで行われる。シーズンの本格的な開幕に向けて、最終調整の場としても毎年多くのシード選手が参戦する本大会。今年も18日(木)に開幕する「東建ホームメイトカップ」を前に、オフシーズンの集大成をぶつけ合う。

【出場予定の注目選手】
石川遼、宮本勝昌、木下裕太、稲森佑貴、市原弘大、星野陸也、秋吉翔太、額賀辰徳、丸山茂樹、深堀圭一郎、藤田寛之、片山晋呉、横尾要、小林正則

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)