上原彩子「調子自体はいい感じ」 日本からの連戦・横峯さくらは「時差ぼけがひどくて(苦笑)」【開幕直前コメント集】

上原彩子「調子自体はいい感じ」 日本からの連戦・横峯さくらは「時差ぼけがひどくて(苦笑)」【開幕直前コメント集】

日本からの連戦で挑む横峯さくら(撮影:村上航)

<バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ 事前情報◇21日◇ワイルドファイアGC(アリゾナ州)◇ 6656ヤード・パー72>

3週ぶりとなる米国女子ツアー「バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ」が現地時間21日(木)に開幕。1月に行われた「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」以来となる久々の米国本土決戦へ日本勢の意気込みは?大会を放送するWOWOWのインタビューにこたえた選手達の声を紹介。


■上原彩子(日本ツアー「ダイキンオーキッドレディス」以来の試合)
「沖縄では試合の前も観光いったりしてゆっくりできました。家族ともゆっくりできました。この一週間ではいつもと変わらずパッティングのドリルをやって。あとはここに来る前にロサンゼルスに寄ったので、そこでコーチにチェックしてもらってコースに入りました。調子自体はいい感じなので、今週の試合はスコアが出るコースなのでパッティング勝負。自分もその波に乗っていけるように頑張りたい」

■横峯さくら(日本ツアー「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」から連戦)
「時差ぼけがひどくて(苦笑)。まずは試合に慣れることが大事だと思います。去年はこの試合に出られなかったので、この試合に出られるだけでうれしいですね。今週からキャディは主人ではなく新しいキャディさんなのでそれも楽しみです。左にいかなくなっているので、試合だとまだ不安もありますがいい感じです。今年はグリーンが固いのに(スピードは)重い印象で…これでもバーディ合戦になるのかな?そうなったとしても、その中に入れるようにしたいですし、一つでも上に行けるようにしたい」

■野村敏京(2月の「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」以来の試合)
「オーストラリア以降はハワイの家に戻ってトレーニングしたり練習したりしていました。今は全体的に悪い部分はないですね。ここのコースはグリーンが固いのでセカンドショットとパッティングが大事。スコアが出るコースなので、優しいホールでしっかりとバーディを獲っていきたい」

<ゴルフ情報ALBA.Net>