鈴木愛が首位と1打差で週末へ 単独首位は申ジエ

鈴木愛が首位と1打差で週末へ 単独首位は申ジエ

鈴木愛が前週に引き続き好調!(撮影:村上航)

<Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 初日◇22日◇茨木国際ゴルフ倶楽部(大阪府)◇6240ヤード・パー71>

2019年の国内女子ツアー第3戦「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」の初日が終了。「68」をマークした申ジエ(韓国)が3アンダー・単独首位発進を決めた。


2週連続優勝、大会連覇がかかる鈴木愛は、3バーディ・1ボギーの「69」でホールアウト。首位とは1打差の2アンダー・2位タイと好位置で初日を終えた。

鈴木と並ぶ2位タイには、上田桃子、サランポーン・ランクンガセットリン(タイ)の2人が入った。首位と2打差・5位タイには西山ゆかり、青木瀬令奈、小祝さくらが続いた。

そのほかでは、ホストプロトして参戦の木戸愛は3オーバー・42位タイ、権藤可恋は8オーバー・95位タイと出遅れ。開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で優勝の比嘉真美子、原英莉花はともに1オーバー・14位タイとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>