今はギアを“選べる”時代 宮里藍、堀奈津佳、堀川未来夢がボールフィッティングを語る

今はギアを“選べる”時代 宮里藍、堀奈津佳、堀川未来夢がボールフィッティングを語る

BSイベントに登場した堀奈津佳、宮里藍、堀川未来夢(撮影:ALBA)

アジア最大のゴルフショー「ジャパンゴルフフェア2019」の初日。ブリヂストンスポーツと契約を結ぶ宮里藍、堀奈津佳、堀川未来夢がイベントブースに登場し、つめかけたファンに向けて、ボールフィッティングの重要性について語った。


ボール選びで重要なことを「スピン量」と単刀直入に説明した3人。「今はギア全体が“選べる”ようになってきている。これだけチョイスがあるなかで、自分のスタイルにあったものを選ぶという時代になってきていると思います」(宮里)。自身のスピン量を把握した上で、そのボールがいかに自身にフィットするかが重要だと説いた。

今回、ジャパンゴルフフェアに初参加となった堀は、「一つの場所で、たくさんのクラブやボールなどをフィッティングできるので、ゴルフが好きな人にはたまらない場所ですね。ここに来るとゴルフが上達できる、新しい情報が得られる。素敵な機会だと思いました」と語った。

堀川も「クラブのヘッド、シャフト、ボールまで、組み合わせは無限にあると思う。自分にフィットした道具を使っていただくのがスコアメイクにつながる」と、ボールのみならず、多数の組み合わせを推奨した。

QTランキング146位の堀は、今季のレギュラーツアーでは、主催者推薦がもらえる数試合で6年ぶりの勝利を狙う。昨季の賞金ランキング19位に入った堀川は、念願の初勝利が最大の目標だ。自身にあったギアを駆使し、再起、飛躍へ突き進む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>