竹内美雪のインパクトは“ドドーン!”ゴルフフェア初登場で緊張のトークショー

竹内美雪のインパクトは“ドドーン!”ゴルフフェア初登場で緊張のトークショー

緊張しつつもしっかりと会場を盛り上げた(撮影:福田文平)

ジャパンゴルフフェア最終日となった24日(日)、キャロウェイゴルフのブースに竹内美雪が初登場。13年連続で同フェアに“出席”を続けているドラコンでおなじみの南出仁寛とともにトークショーを行った。


「試合よりドキドキしています」と初登場の感想を述べた竹内だが、関西人で軽快なノリの南出が「ボクはドキドキしませんけどね(笑)」と絶妙なリードもあり、初の大役を笑顔でこなした。

トークショーの話は当然、いま話題のギアに。300ヤードを軽く超える南出が、「今後どうなっちゃうの?」と驚くほどの飛びを実現する『EPIC FLASH』には、竹内も「合宿で打って今年は“コレ!”とすぐに決めました」というほどの惚れ込み。飛躍へのビッグドライブとなりそうだ。

今季はステップ・アップ・ツアーへの参戦が多くなりそうな竹内。あさって開幕の同ツアー今季初戦に出場。「優勝できるように頑張ります」と気合も十分。「みなさんやさしく聞いていただいてありがとうございました」と、集まったファンの声援を力に変える構えだ。

ちなみに『EPIC FLASH』といえば独特の形状をしたフラッシュフェースが特徴。これについて竹内は「中がうねうねしていてビックリしました」と驚きの表情。さらに、「ドン、ドン、ドドーンという感じ」と、独特のたわみで飛ばすフラッシュフェースを表現。フェースだけでなく成績もドドーンといくことができるか!?


<ゴルフ情報ALBA.Net>