名手・申ジエにまさかのトラブル 上田桃子が逆転で2年ぶりV

名手・申ジエにまさかのトラブル 上田桃子が逆転で2年ぶりV

二年ぶりの優勝を果たした上田桃子(撮影:佐々木啓)

<Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 最終日◇24日◇茨木国際ゴルフ倶楽部(大阪府)◇6240ヤード・パー71>

国内女子ツアー第3戦「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」は全ての競技が終了。トータル6アンダーまで伸ばした上田桃子が、17年の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」以来2年ぶりの優勝を果たした。


全組がハーフターンを行った時点では、首位を走る申ジエ(韓国)と3打差がついていたが徐々に詰め寄ると、ジエが15番ホールでバンカーにつかまり、左足が立てない状態からのバンカーショットがグリーン奥に行くなどまさかのダブルボギー。

一方で上田は16番でバーディを奪うなど着実に伸ばし、18番グリーンで名前を呼ばれたときは笑顔に。最後のバーディパットはわずかに決まらなかったが、後続に追いつかれることなく日本ツアー13勝目となるタイトルを掴んだ。

家族や後輩ら“チーム桃子”のメンバーからフラワーシャワーで祝福を受けると、「一緒にやってる後輩や一緒にまわった稲見さんだったり後輩たちだらけですが(笑)、みんなに祝ってもらえてうれしい。去年一年悔しい思いがあって、いい気持ちでオフの練習に取り組めました。開幕からいいショットをしていればいつか自分の番がくるかなと思っていましたが、まさか優勝できてうれしい。ボギーが来ても我慢できましたし、11番でいいバーディパットが決まってその流れでできました。去年勝てなかった分、今年は勝ちたい」と笑顔で話した。

3打差の2位タイにそのジエ、勝みなみの二人。トータル3アンダーの4位タイには小祝さくら、松田鈴英ら5人が入った。昨年覇者で二週連続優勝の期待がかかっていた鈴木愛、開幕戦覇者の比嘉真美子は揃ってトータル2アンダーの9位タイで大会を終えている。これで2006年シーズン以来、13年ぶりに日本勢が開幕3連勝を挙げた。

【2006年年シーズン開幕3試合の優勝者】
ダイキンオーキッドレディス:西塚美希世
アコーディア・ゴルフ レディス:不動裕理
近未來通信クイーンズオープン女子ゴルフトーナメント:飯島茜

【2019年シーズン開幕3試合の優勝者】
ダイキンオーキッドレディス:比嘉真美子
ヨコハマタイヤ PRGRレディス:鈴木愛
Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント:上田桃子

<ゴルフ情報ALBA.Net>