スコット・ヘンドがプレーオフを制す 川村昌弘は15位Tでフィニッシュ

スコット・ヘンドがプレーオフを制す 川村昌弘は15位Tでフィニッシュ

優勝したスコット・ヘンド(撮影:GettyImages)

<メイバンク選手権 最終日◇24日◇サウジャナG&CC(マレーシア)◇7135ヤード・パー72>

欧州ツアーとアジアンツアーの共催大会「メイバンク選手権」は全日程が終了。ナチョ・エルビラ(スペイン)とのプレーオフを制したスコット・ヘンド(オーストラリア)が南国での戦いを制した。


2位にエルビラ、トータル13アンダーの3位には「SMBCシンガポールオープン」を優勝したジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)。日本勢で唯一予選を突破した川村昌弘はトータル8アンダーの15位タイで全日程を終えた。

なお、出場した石川遼、稲森佑貴、水野眞惟智(しんいち)、片岡大育、谷原秀人、宮里優作、池田勇太は予選落ちとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>