原英莉花、河本結に続くニューヒロインは誰? あす開幕のステップ注目選手

原英莉花、河本結に続くニューヒロインは誰? あす開幕のステップ注目選手

昨年のステップ開幕戦を制した原英莉花 果たして今年のニューヒロインは?(撮影:鈴木祥)

国内女子下部ツアーのステップ・アップ・ツアーがあす開幕する「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」からスタートする。最終戦の「京都レディースオープン」まで、合計20試合が行われる同ツアー。今季はどんなドラマが待つのか。


昨年は新たなスター誕生の場となったステップ。開幕戦を制した原英莉花は6月にも1勝。限定的な出場ながらレギュラーツアーでの獲得賞金も重ね、リランキングを突破したのちレギュラー賞金ランキング38位でシード権も獲得した。

第3戦の「パナソニックレディースオープン」を制した高木萌衣もステップ年間2勝。ステップ賞金ランキング4位で終了し、今季はレギュラー前半戦でかなりの試合に出場できるQTランキングとなっている。

そしてなんといっても、昨年のハイライトは女子大生プロ・河本結の大活躍だった。6月にシーズン初優勝を挙げると、7月のプロテストに一発合格。ステップ記録となる年間4勝を挙げ、賞金女王に輝くなど飛躍の年となった。

河本はその資格で今季レギュラー前半戦の出場権を獲得した。レギュラーでの初シードと初優勝に大きく前進するきっかけとなった昨シーズン。12試合の出場で1800万円以上を稼ぎ、圧倒的な強さを見せたが、今季は河本のような選手は出てくるのか。

気になるのはやはり賞金女王争い。今季はステップ賞金ランキング上位2名までに2020年シーズンのレギュラー前半戦出場権が与えられるが、まず注目は、昨年のレギュラーからの降格組。レギュラー優勝経験者や昨年のシード選手で見れば、服部真夕、西山ゆかり、O・サタヤ(タイ)、川岸史果、堀琴音、下川めぐみ、サイ・ペイイン(台湾)、武尾咲希などは経験、実績ともに他をリードするとみられる。

さらには、1998年度生まれの黄金世代や昨年のプロテストに合格した新鋭達の活躍にも注目が集まるが、この数年でレギュラーツアーを経験している選手らにも期待だ。中でも竹内美雪には視線が集まっている。

2週前の「ヨコハマタイヤPRGRレディス」に出場して2日目まで11位タイと粘りを見せた竹内。オフには申ジエ(韓国)との合宿に参加し、元世界ナンバー1の技とマネジメントを吸収した。イベントに参加した先週のジャパンゴルフフェアでは、ステップ開幕戦優勝宣言も飛び出すなど、充実感を匂わせている。

QTランキング89位とレギュラーツアーには推薦と予選会突破しか道はなく、ステップが主戦場となる竹内のほかにも、昨年のステップ最終戦を制した林菜乃子や鈴木麻綾、宮田成華なども上位進出に期待がかかる。

レギュラーツアーへはい上がるため若手がしのぎをけずり、復活を目指すベテランもまざり、熱いバトルが展開されるステップ。新たなスターが生まれる瞬間を見逃すな。

<ゴルフ情報ALBA.Net>