震災から3年…今年もスタート前に追悼セレモニー

震災から3年…今年もスタート前に追悼セレモニー

1番ティスタートの選手たちが黙祷を捧げた(撮影:米山聡明)

<KKT杯バンテリンレディスオープン 初日◇20日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6428ヤード・パー72>

最大震度7を記録した熊本地震から約3年が経過した20日(金)、「KKT杯バンテリンレディス」の開幕を前に追悼セレモニーが行われた。


全選手のティオフ前に1番ホールにて、KKT杯熊本県民テレビ代表取締役社長・塩野弥千夫氏、女子プロゴルフ協会副会長・原田香里をはじめとする大会関係者、そして1番ティからスタートする熊本出身の豊永志帆、藤本麻子、熊本出身のアマチュア・鬼塚貴理の3人が集合。

会場全体にアナウンスが行われ、ギャラリーを含めた全員で黙とう。震災により亡くなられた犠牲者を追悼した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>