17位タイの上田桃子はアグレッシブに「前半耐えていけばおもしろい戦いできる」【2日目コメント集】

17位タイの上田桃子はアグレッシブに「前半耐えていけばおもしろい戦いできる」【2日目コメント集】

地元の上田桃子が追い上げ宣言!(撮影:上山敬太)

<KKT杯バンテリンレディスオープン 2日目◇20日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6428ヤード・パー72>

国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」は予選ラウンドが終了。首位タイで並ぶのはともにツアー未勝利の大西葵とイ・ソルラ(韓国)。1打差3位タイには今大会2勝の李知姫(韓国)と5年ぶりの優勝を狙う酒井美紀がつけている。


昨年大会では比嘉真美子が4打差を逆転したように、まだまだ勝負の行方は分からない難コース。栄冠を手にするのは?2日目を終えた上位陣のコメントをお届けする。

■大西葵(トータル6アンダー・首位タイ)
「ドライバーが結構曲がっていたのですが、林に入っても全部前が空いていてラッキーもありました。最終組は2度目(2015年マスターズGCレディース以来)ですが、前回はあまり緊張感がなかったので、ちょっとは緊張感があってもいいと思います。優勝に必要なものは気持ちだと思います」

■イ・ソルラ(トータル6アンダー・首位タイ)
「ショットも良かったし、パーパットもしっかりと決められました。上位にいられることだけでもありがたいと思っています。明日もスコアに関係なく、最高のプレーができればいいと思っています」

■酒井美紀(トータル5アンダー・3位タイ)
「今日もカップに蹴られて出たのがずっと続いたので、明日は入ってくれるのかなと思います。やっぱり優勝争いの位置で回るのは楽しいですね。明日も楽しく優勝争いをしたいと思います」

■李知姫(トータル5アンダー・3位タイ)
「今週に入ってからアイアンがすごくいいですね。本当に久しぶり(笑)。ここはマネジメントをしっかりと考えないといけないコースですごく好きです。いい位置で最終日を回るのは久しぶりなので、この2日間のプレーを自信にして優勝を目指していきたいと思います」

■有村智恵(トータル2アンダー・13位タイ)
「前半は我慢という感じで、後半はチャンスを逃すという感じでスコアを伸ばすことができませんでした。ショットが良くなくて、パーを拾うゴルフとなってしまいました。まだこのコースで勝ったことがないので、明日は頑張りたいと思います」

■上田桃子(トータル1アンダー・17位タイ)
「昨日はティショットが気持ちよくなくて、それでアイアンも距離感が出なくなっていました。ホールアウト後にコーチに見てもらって、しっくりくるものがありました。今日の後半はすべてフェアウェイキープできました。熊本の人はゴルフが好きで目が肥えている人が多いのですが、いいショットにたくさんの歓声をもらえました。明日はもっと声援をもらえるように頑張りたい。そしてアグレッシブさを出していきたいです。上位との差にもよりますが、ここのコースはバーディもボギーも出るコース。前半を耐えていけばおもしろい戦いができると思います」

■アン・シネ(トータル3オーバー・50位タイ)
「1番のチップインバーディは狙っていないです(笑)。近くに寄って欲しいと思ったのが入ってうれしかったですね。ただ、今日はドライバーのミスが多かった。ここはラフに入ると非常に難易度が高いのに自分で難しくしてしまいました。もし予選を通ることができるのであれば、明日は一番好きなピンク色のウェアを着たいと思います」

<ゴルフ情報ALBA.Net>