欧州CLが英国同士の決勝戦に これには全英覇者も興奮!【きょうの“パンチショット”】

欧州CLが英国同士の決勝戦に これには全英覇者も興奮!【きょうの“パンチショット”】

地元・欧州での熱戦にジョージア・ホールも大興奮!(撮影:鈴木祥)

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ】


現地時間5月8日、9日に行われた、サッカーのクラブチームによる欧州選手権大会である『UEFAチャンピオンズリーグ』準決勝は、ともに劇的なドラマが生まれた。勝ち上がるためには4対0以上でなければいけなかったリバプールが、バルセロナ相手に4点差勝利をやってのけ決勝進出を果たすと、翌日に行われたトットナムホットスパー対アヤックスでは、試合終了の笛が鳴る直前の“ラストワンプレー”でゴールを決めたトットナムが勝ち上がった。

これにより決勝戦はリバプールとトットナムという、2008年以来のイングランド・プレミアリーグ所属チームの対決に。これにはイングランド出身のジョージア・ホールも「フットボールはたまにしか見ないのですが、リバプールとバルセロナの試合はすごかったですね」と目を丸くした。

ただし、ホール自身は同じプレミアリーグでも、地元ボーンマスにあるAFCボーンマスのファン。同チームのスコットランド代表であるライアン・フレイザーが特にお気に入りで、「彼のことはよく知ってるわ。ゴルフもとてもうまいのよ」という。

だが、AFCボーンマスは現在プレミアリーグ13位。「リバプールみたいにうまくいかないですね」と苦笑いを浮かべていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>