63歳の佐藤剛平が逆転で大会初優勝! 芹澤信雄は崩れて6位

63歳の佐藤剛平が逆転で大会初優勝! 芹澤信雄は崩れて6位

株式会社ゴルフパートナーの石田純哉代表取締役社長から優勝カップを受け取る佐藤剛平(撮影:ALBA)

<日本プロゴルフグランドシニア選手権大会 ゴルフパートナー・ヴィクトリアカップ2019 最終日◇19日◇宝塚クラッシックゴルフ倶楽部(6424ヤード・パー71)>

5月18日に開幕した「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権大会 ゴルフパートナー・ヴィクトリアカップ2019」。60歳以上のPGA会員を対象にした(今年、同年齢になる選手も出場可能)グランドの部は19日に最終ラウンドが行われ、首位と3打差の3位タイから出た佐藤剛平(63歳)が逆転で大会初優勝を飾った。


初日トップに立った芹澤信雄(3アンダー)と1打差で追う尾崎直道の一騎打ちかと思われたが、芹澤がスタート3ホールをすべてボギーとして混沌。尾崎は耐えるゴルフを展開したが、前半を1アンダーとした佐藤がバックナインに入って大まくりを見せた。

10番パー5を皮切りに、13番パー3、14番パー5、17番パー4でいずれもバーディ。尾崎も最終18番パー4をバーディとしたが、パーでまとめた佐藤が尾崎に1打差の通算5アンダーで逃げきった。

首位と2打差の3アンダー・3位タイに倉本昌弘(63歳)と伊藤正己(63歳)。芹澤信雄(59歳)は通算1アンダーの単独6位。昨年チャンピオンの室田淳(63歳)は通算イーブンパーで7位タイに終わった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>