今平周吾、藤田寛之ら首位発進 1差4位に星野陸也

今平周吾、藤田寛之ら首位発進 1差4位に星野陸也

大会2勝目へ首位発進を決めた今平周吾(撮影:村上航)

<関西オープン 初日◇23日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043ヤード・パー72>

国内4戦目「関西オープン」の初日が終了し、2017年大会覇者で、先週の「全米プロゴルフ選手権」から帰国したばかりの今平周吾が7バーディ・1ボギーの「66」をマーク。藤田寛之、H・W・リュー(韓国)と並び、6アンダー・首位発進を決めた。


1打差4位に星野陸也。2打差5位タイに16年大会覇者のチョ・ビョンミン(韓国)、松原大輔、高橋慧が続いた。

大会連覇がかかる時松隆光は1アンダー・37位タイの滑り出し。腰痛のため国内開幕戦から欠場をつづける石川遼の弟、アマチュアの航(日本体育大学)は4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「71」をマーク。レギュラーツアー7試合目にして初のアンダーパーを記録し、こちらも1アンダー・37位タイスタートとなっている。

【初日の順位】
1位T:今平周吾(-6)
1位T:藤田寛之(-6)
1位T:H・W・リュー(-6)
4位:星野陸也(-5)
5位T:松原大輔(-4)
5位T:高橋慧(-4)
5位T:チョ・ビョンミン(-4)