日本開催米シニア大会の推薦選手6人が発表 倉本昌弘、元メジャー投手・長谷川滋利氏ら

日本開催米シニア大会の推薦選手6人が発表 倉本昌弘、元メジャー投手・長谷川滋利氏ら

戦う会長・倉本昌弘ら6人の推薦出場が決まった(写真は2017年JAL選手権)(撮影:GettyImages)

<Mastercard ジャパン選手権 事前情報◇24日◇成田ゴルフ倶楽部(千葉県)>

6月7日(金)から日本で開催される米国男子シニアツアー「Mastercard ジャパン選手権」。本日24日(金)には、日本シニアツアーからの主催推薦選手8枠のうち6人が発表された。


プロでは日本ツアー通算30勝を誇り、日本プロゴルフ協会会長を務める倉本昌弘を筆頭に、プラヤド・マークセン(タイ)、米山剛、鈴木亨、深堀圭一郎が推薦された。またプロ野球・オリックスや米大リーグ・エンゼルスなどで投手として活躍した長谷川滋利氏も発表された6人の中に名を連ねた。残りの推薦枠2枠のうち1枠は、来週に行われる国内シニア「すまいーだカップ」の優勝者に与えられる。

2017年には日本で初開催となる米シニアツアー「JAL選手権」が開催され、トム・ワトソン、ジョン・デーリー、リー・ジャンセン(いずれも米国)、コリン・モンゴメリー(スコットランド)ら米シニア界のレジェンドが多数参戦。倉本も7位タイに入るなど優勝争いに加わった。今年も日本勢の奮闘に期待が高まる。

【主催者推薦選手6人】
倉本昌弘
プラヤド・マークセン
米山剛
鈴木亨
深堀圭一郎
長谷川滋利

<ゴルフ情報ALBA.Net>