史上7人目のアマチュア優勝なるか!?追いかけるプロたちの気持ちは何を思う【2日目コメント集】

史上7人目のアマチュア優勝なるか!?追いかけるプロたちの気持ちは何を思う【2日目コメント集】

史上7人目の快挙なるか!?(撮影:鈴木祥)

<リゾートトラストレディス 2日目◇1日◇グランディ浜名湖ゴルフクラブ(静岡県)◇6560ヤード・パー72>

風速5.2mという実測以上に感じる強い風が吹いた「リゾートトラストレディス」2日目だったが、この日も初日に続き伸ばし合いの展開に。そんな中、ポールポジションにつけたのは「65」をたたき出したトータル10アンダーのアマチュア・古江彩佳だった。


1打差の2位に河本結。トータル8アンダーの3位タイに渋野日向子と原英莉花と黄金世代が続く。5位タイに笠りつ子、ペ・ソンウ(韓国)といった二人の実力者がつけている。また、トータル6アンダーの7位タイに黄金世代の小祝さくらと古江と同級生のアマチュア・西村優菜ら4人がつけるなどまだまだ勝負の行方は分からない。そんな最終日に挑む選手たちの声を集めた。

■古江彩佳(トータル10アンダー・単独首位)※アマチュア
「今日は全部良かったですが、特にパターが入ってくれました。優勝できたらプロとなれることは近道とは考えています。そして、ここまでくると勝ちたいという欲がでますが、それが強く出過ぎると力みにつながってしまうのであまり意識はしません。それよりも自分のプレーに集中したいと思います」

■河本結(トータル9アンダー・単独2位)
「明日にはつながるゴルフができました。今日はアプローチが冴えていた。大きなピンチがなかったですね。優勝スコアは15アンダーくらいだと思う。6アンダーを目指したい。トップのスコアを見ながら、勝負どころで競り勝てれば優勝がくると思います」

■渋野日向子(トータル8アンダー・3位タイ)
「序盤はめちゃくちゃ苦しかったです。今日は我慢、我慢だったけど、明日は爆発できたらいいなと思います。今日ほど風が強くない予報なのでピンを狙っていけたら。悪い方に行くかもしれないですけど(笑)」

■原英莉花(トータル8アンダー・3位タイ)
「そんなに悪くない一日。カムバックできたのは明日につながる。明日は上がいるので攻める。そこを抜かさないと優勝はないので。もったいないミスだけ気をつけてしっかりとやりたい。調子がいいわけじゃないので、最初からいきたいと思います」

■笠りつ子(トータル7アンダー・5位タイ)
「すごくいいゴルフができました。(「66」という)スコア通りいい一日です。ショットも良かったですが、パターが良かったですね。明日はいい位置で回れるので、しっかりコースと向き合っていきたいですね」

■小祝さくら(トータル6アンダー・7位タイ)
「今日はパターが入ってくれました。ショットもそんなに悪い感じはしていないです。風でスコアを伸ばしにくいコースですが、その中でスコアを作らないといけない。(アマ古江がトップだけど?)あの世代の子たちは一緒に同じ試合に出ていた子たちなので、下が出てきたなという気持ちはしないですね。プロとかアマとかは関係なく同じ世代に感じています」

■西村優菜(トータル6アンダー・7位タイ)※アマチュア
「ショットもパットも良かった。特にパット数は27でしたからね。長いのが入ってくれて流れに乗れました。昨日の練習でショットの感覚を掴みました。3日間プレーできるのはうれしいですね。今日のゴルフを生かして明日も頑張りたいです」

【過去のアマチュア優勝者】
清元登子:トヨトミレディス(1973年)※ツアー制度施行前
宮里藍:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(2003年)
キム・ヒョージュ:サントリーレディス(2012年)
勝みなみ:KKT杯バンテリンレディス(2014年)※史上最年少
畑岡奈紗:日本女子オープン(2016年)
クリスティン・ギルマン:センチュリー21レディス(2018年)

<ゴルフ情報ALBA.Net>