一度つかんだ首位は絶対に離さない 気迫のチップインバーディを生んだ愛器【勝者のギア】

一度つかんだ首位は絶対に離さない 気迫のチップインバーディを生んだ愛器【勝者のギア】

これでもう一度3本とも『X FORGED』に(撮影:福田文平)

<ヨネックスレディス 最終日◇9日◇ヨネックスカントリークラブ(新潟県)◇6456ヤード・パー72>

6打差圧勝。終わってみれば相当な差をつけての優勝となった上田桃子だが、今大会で最初に首位に立ったのは最終日の7番ホール。初日の1ホール目はいきなりOB、トリプルボギーと最悪な出だしからのカムバックだった。


初日に同組となり、「最終日にもう一度回りたい」と願っていたキム・ヒョージュ(韓国)との最終日最終組での直接対決も実現。「彼女はスコアを落とさない。だから攻撃的にいって3打差をつける」と気合いを入れてのスタートだった。

安定したプレーのヒョージュとは対照的に、アグレッシブに攻めた上田。途中ボギーもあったが6番、7番の連続バーディでついに捉えた。だが、次の8番で2打目を右ラフに外してしまう。一方のライバルはしっかりとグリーンをキャッチしていた。

それでも、上田はこのアプローチを直接沈めて首位を離さず。相手もバーディとして迎えた9番で、上田がパーとしたのに対し、ヒョージュはダブルボギー。勝負どころのチップインバーディで、海外メジャーを制したこともある実力者に競り勝った。

8番のアプローチでも使ったキャロウェイ『X FORGED』の60度のウェッジは、5年以上使い続けているモデル。昨年の「TOTOジャパンクラシック」からは同社の『MDフォージド』を入れて、今年の「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」を制した。だが、「元々好きなので、もう一度入れよう」と再投入を決意。今大会は2位が3度と惜敗が続いていたが、長年愛した1本でその歴史にピリオドを打った。

【上田桃子のクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:キャロウェイ GBB EPIC STAR
(グラファイトデザイン ツアーAD TP-6/SR/45インチ)
3W:キャロウェイ X-HOT PRO(15度)
5W:キャロウェイ X-HOT PRO(19度)
UT:タイトリスト 816 H1(23度、27度)
6I〜PW:キャロウェイ APEX16
W:キャロウェイ X FORGED(50度、54度、60度)
PT:オデッセイ WHITE RIZE iX #1SH
B:キャロウェイ CHROME SOFT X

<ゴルフ情報ALBA.Net>