「テークバックだけ修正」 3位発進のイ・ボミが語った、“久々”好ラウンドの要因

「テークバックだけ修正」 3位発進のイ・ボミが語った、“久々”好ラウンドの要因

約1年ぶりのトップ3発進!(撮影:上山敬太)

<宮里藍 サントリーレディス 初日◇13日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511ヤード・パー72>

「ミスしたくない気持ちがずっと強くて、それが悪い考えにつながっていました。その考え方を変えたら、とてもいい感じにプレーができました」


この日、昨年の「伊藤園レディス」2日目以来となる「67」をマークし、5アンダー・3位タイと好発進したイ・ボミ(韓国)。この思考の変化が、スコアにつながった。

午後組の1番からスタートしたボミは、直後に3mを沈めバーディの滑りだし。さらに4番パー5では、57度のウェッジで放った85ヤードの第3打がバックスピンでピン数十センチまで寄って、“お先バーディ”。その後も、7番で6m、8番で1.5mを決め、軽やかにスコアを伸ばしていった。「ティショットも安定していたし、アイアンもピンに絡みました。パットも入ってくれた」と満点のラウンド。後半も1つバーディを先行させ、フェアウェイキープは14ホール中11、パーオンも18ホールで13、さらにパット数は26。この内容に、自然と笑みもこぼれてくる。

ラウンド中は、「焦らず、集中力を保とう」と自分のプレーに没頭した。そして、スイングではかつて樋口久子がかけてくれた『シンプル・イズ・ベスト』という言葉を意識し、バーディを積み重ねた。「悪い時は、いろいろと試しました。『体が回っていない』と言われたら、回そうと意識して…でも、それで体の左に体重を乗せて振ることができなかったり」と試行錯誤が過ぎて、どこを直すべきかが“ぼやけてしまう”日々も送った。

そこでシンプルに、今はテークバックだけを意識することにした。「いい時もテークバックがブレたり、体が沈みすぎたりするとミスショットが多かった。最近は右手が開きすぎて、手のひらが上を向いていたことが、ショットが右に飛ぶ原因かなと思って、しっかりと下を向くイメージにしたら、安定してきた」。ここでも発想を変え、1つの修正だけを3週間かけてやったことが、今日のラウンドにつながったとボミは話した。

3位タイ発進は、昨年の「サイバーエージェントレディス」以来のこと。ラウンド後には好成績の選手のために開かれる記者会見の席についたが、「ここに戻ってくることができるとは思っていませんでした」という本音もこぼれた。「上位争いとかを考えるとプレッシャーになるから、一日一日をしっかりとプレーしたい」。かつての賞金女王は、今こんな思いを胸にラウンドを続けている。

「この後はしっかりとご飯を食べたいです。一度家に戻るけど、明日も今日と同じ体でプレーできるよう集中したい」。復活への光明を、「好き」だと話す ここ六甲国際GCで見出したい。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>